伊勢与市の発想

料金をとって入浴させる、いわゆる公衆浴場のビジネスとしての歴史を紐解くと、戦国時代の天正19年(1591)、徳川家康が江戸入りした翌年に、伊勢与市という者が銭瓶橋(大手町のあたり、現在の現在の呉服橋と常磐橋の中間付近にあった橋)の近くで風呂屋を開業、永楽1銭の代金をとったのが銭湯の始まりと言われています。

恵比寿サウナーに行ってきました

いまは新しいサウナ施設であれば大いに注目され、遠くの人も体験しに来てくれる話題性がありますが、消費者の選択肢が増え、個室サウナが珍しいものでなくなってきた時にはそうはいかなくなります。

競合施設が増えてくる中、どれだけリピーターを確保でき、習慣的に利用してもらえるのか。

それを考えると、やはり「個室サウナ×何か」が必要となってきます。